PCオーディオにデビューしてみよう!

「PCオーディオ」という単語をご存知だろうか。

名前からも想像できる通り、PCで使うオーディオである。

というのも、動画サイトの充実、素材の豊富さ、DTMの露出によりPCでそのまま音楽を楽しむシーンが増えたため、オーディオ好きがそのままPC層にも浸透してきたという感覚だろう。

卓上のスピーカーと言えば、電気屋さんの安売りカートに1,000円程度で並べられているイメージが強い。

 

しかし現在ではPCオーディオも進化しており、卓上のスピーカーにも数十万などのものまであり、アンプのUSB対応などからUSB DACという愛称まで出現している。

 

その背景には先ほども軽く触れたが、オーディオ好きがPCで音楽を楽しむシーンが増えたということ。

 

元々レコードやCDから再生することに対して高価なオーディオを使用することで最大限の音質を楽しむことができた。

しかし、レコードやCD以上の音質・音域を持っているハイレゾ音源が登場したことにより、今までの環境を底上げできるようになった。

その環境に目をつけたオーディオ好きもとい音楽好きがハイレゾ音源の再生手段としてPCに目をつけたのだ。

そしてその「PCに目をつけたオーディオ好き」に目をつけた各オーディオメーカーがブームを加速させたということになる。

そうして現在加速中のブームがPCオーディオ。

 

PCというデバイスの性質上、利用者の層は幅広い。

それを読み取ったのか、それとも偶然なのかは定かではないが、PCオーディオの選択肢の多さは大変広い。

現在はネットでの物販も盛んになっており、中古品の流通も増えたため、定価10万円以上するオーディオでも比較的安く入手できる。

そのため定価での判断として、本来1ランク上の予算が必要なPCオーディオでも、ネットを駆使することで入手可能だ。

そうして身の丈にあったPCオーディオを手に入れ、自分だけのPCオーディオ環境を構築する。

なんとも男子心をくすぐる仕様である。

数十年前に到来したPCブームでの、ジャンクパーツからPCを組み上げるような感覚を味わえるのではないだろうか。

まさに”ぼくのかんがえた、さいきょうのぴーしーおーでぃお”である。

昔、憧れたが資金不足により手の届かなかったオーディオの世界に、お小遣いレベルの資金で飛び込めるというハードルの低さからも新規参入するユーザは多いのではないだろうか?

実際に”supercell”や”ヒャダインこと前山田健一”のアーティストとしての活躍を先駆者として、「音楽好き」が社会的に認められた1つの存在だと認められるようになると更におもしろくなるのかもしれない。

著作権など金に関わる話でどうにも冷めた話題が目につく音楽業界を温めてくれる材料になってくれるのではないだろうか。

オーディオとケーブルの関係

オーディオ機器は種類により使用できるケーブルが決められていた規格のみ使用可能です。

そのためどのオーディオでどのケーブルを使うか変わってきますが、基本的にオーディオ機器のランク自体によって必要なケーブルは異なり、高ランクのオーディオほど太く高いケーブルになりがちです。

必要な物は基本的に一式に入っています。

しかし音質を向上させる方法は結構あるため、一式を購入すればOKかというとOKではあるんですが、もっとポテンシャルを発揮させる方法があります。

それは更にオーディオ機器を買い足すことです。

オーディオといってもスピーカー、アンプ、プレーヤー、インターフェースなど様々な機器が存在します。

これらをそれぞれの得意な点を使って更に良い音を求めるということです。

しかしこの方法で満足のいくだけの機材を集めようと思うと結構なお金が必要となります。

更に初心者の場合は一式で購入されるとジャックの大きさなどに振り回されてしまう恐れがあるので、いきなり最初から全部購入するのではなくしっかり視聴させてもらったり、店員さんにアドバイスを貰うと良いでしょう。

スピーカーなど一般的なオーディオを購入予定であれば、普通のものをかえばよいし、特殊なオーディオの場合は使用方法から結構違い、単体ではあまり意味をなさないオーディオ機器まである始末。

最初のうちは、ネットで欲しいオーディオの型番を確認してから、どの程度で買ってどの程度の音が出せるようになるのか、確認をたくさんした方がいいですね。

 

ケーブル自体にも結構な種類があって、ジャックの大きさなど間違えたらそのまま使えずにおわっていく可能性だってあります。

 

またメーカーの相性や機器自体の相性が存在しているので、必要な情報はあらかじめ集められるようにしておきましょう。

店頭で買い物するならスタッフに聞いてみるのが一番早くて詳しく教えてもらえるかもしれません。

 

ここでは軽くシールド(ケーブル)についてかいておこうと思います。

オーディオでは主にシールドと呼ばれる金属製組み紐などを使って内部の導線を覆い隠したケーブルが基本です。

例えば2本の絶縁線を互いにより合わせ、外部干渉の影響が少なくなるよう作られたケーブルをシールドより対線STPケーブルと呼び、UTPケーブルと呼ばれる非シールドより対線と比べてケーブルの中にある導線が金属で被覆しているため、ノイズを排除することができますが、ケーブル自体が高いため、STPケーブルは高価なケーブルと言えます。

 

こういったケーブルの特徴や価格の違いはよく把握しておくと、オーディオを買い物に行ったときが楽しくなります。

 

 

高級オーディオのオススメが海外メーカーな訳

みなさんの中には高級オーディオに興味がある方もいることと思います。高級オーディオは何百万もするものもあるほどです。

特に海外メーカーが多くみられますが、こうしたものをどういった人が買うのか?と不思議がっている人も少なくありません。

続きを読む

国産オーディオメーカーの底力

2012年はシャープ、NEC、パナソニック、ソニーなど日本を代表する大手メーカーで相当数のリストラが行われた年でもあります。

日本は細かいことに目が届く民族であり、外国人からみると細かすぎると感じる人も少なくありません。その反面、素晴らしい技術力を発揮し第二次世界大戦の敗戦国とは思えないほど、凄まじい勢いで発展を遂げた国でもあります。

戦後の日本の多くの家庭ではテレビはなく、ラジオがあるのみでした。ラジオから流れ出る音楽を心まちにしている人も多くみられました。

音楽は私たちにとって欠かせない存在であり、現在も多くのアーティストが音楽家として活躍しています。

音楽を聞く際、昔はレコードが主流でしたが最近ではCDが主流となっています。お気に入りの音楽をかけつつ家事を楽しむのもまた、いいものですよね。

続きを読む